16284円 【愛曲クロス付】【専用ケース/PCH-4n付】ZOOM ズーム H4nPro/BLK 小さいマルチトラックレコーダー H4nSP後継機 楽器・音響機器 PA音響機器 ポータブルレコーダー 16284円 【愛曲クロス付】【専用ケース/PCH-4n付】ZOOM ズーム H4nPro/BLK 小さいマルチトラックレコーダー H4nSP後継機 楽器・音響機器 PA音響機器 ポータブルレコーダー H4nPro/BLK,/conspectus393367.html,aviatn.com,小さいマルチトラックレコーダー,ズーム,楽器・音響機器 , PA音響機器 , ポータブルレコーダー,【愛曲クロス付】【専用ケース/PCH-4n付】ZOOM,16284円,H4nSP後継機 H4nPro/BLK,/conspectus393367.html,aviatn.com,小さいマルチトラックレコーダー,ズーム,楽器・音響機器 , PA音響機器 , ポータブルレコーダー,【愛曲クロス付】【専用ケース/PCH-4n付】ZOOM,16284円,H4nSP後継機 愛曲クロス付 専用ケース PCH-4n付 ZOOM ズーム H4nSP後継機 H4nPro 小さいマルチトラックレコーダー 直営店 BLK 愛曲クロス付 専用ケース PCH-4n付 ZOOM ズーム H4nSP後継機 H4nPro 小さいマルチトラックレコーダー 直営店 BLK

愛曲クロス付 専用ケース PCH-4n付 ZOOM ズーム 返品不可 H4nSP後継機 H4nPro 小さいマルチトラックレコーダー 直営店 BLK

【愛曲クロス付】【専用ケース/PCH-4n付】ZOOM ズーム H4nPro/BLK 小さいマルチトラックレコーダー H4nSP後継機

16284円

【愛曲クロス付】【専用ケース/PCH-4n付】ZOOM ズーム H4nPro/BLK 小さいマルチトラックレコーダー H4nSP後継機

商品の説明

ハンディレコーダーの人気モデル『H4n Pro』のカラーバリエーション
オールブラック・エディション

フィールドレコーディングからマルチトラックまで対応するZOOMの定番ハンディレコーダー『H4n Pro』に、マイクも操作パネルも含めすべてをマットブラックで仕上げ、さらにメインボディには高級感のあるシボ塗装を施したオールブラック・エディションが新登場。ステレオ指向角(90°/120°)を切り替えられるXYステレオマイク、H5/H6同等の高品位マイクプリアンプ、ロック機構付きの2系統のXLR入力、USBオーディオ・インターフェース、4トラックMTR機能を搭載し、ミュージシャンの音楽制作、ビデオグラファーの音声収録、ポッドキャスティングなど、多様なニーズに対応します。

【主な特徴】
●内蔵マイクと外部入力を使用して、合計4チャンネルの同時録音が可能
●H5/H6同等の高品位マイクプリアンプ(EIN -120 dBu以下の超低ノイズ設計)
●最大140dB SPLの耐音圧を誇るXYステレオマイク
●内蔵マイクのステレオ指向角を、90(° 標準)と120(° 広角)に切り替え可能
●ケーブルの抜けを防止する、ロック機構付きXLR/TRSコンボ入力×2
●24Vまたは48Vのファンタム電源を供給可能
●ステレオミニジャック仕様のマイク入力(2.5Vプラグインパワー対応)
●ステレオミニジャック仕様のライン/ヘッドフォン出力
●最大32GBまでのSD/SDHCカードに対応
●最高24ビット/96kHzのWAVフォーマット(BWF準拠)、またはMP3フォーマット
●スタジオ品質の楽器レコーディング用エフェクトを50種類内蔵
●録り逃しを防止する、オートレコード/プリレコード機能
●任意の範囲を繰り返し再生する、A-Bリピート機能
●再生スピードを50%~150%の範囲で変更可能
●2イン/2アウトのUSBオーディオ・インターフェース機能
●別売ホットシュー・マウント(HS-1)で、一眼レフカメラ(DSLR)にマウント可能
●単3アルカリ電池2本で、6時間駆動(スタミナモードで最長10時間駆動)
●付属品: プラスチックケース、単3アルカリ電池 ×2本、Cubase LE/WaveLab LEダウンロード・ライセンス
●外形寸法/重量: 73 (W) × 157.2 (D) × 37 (H) mm / 294 g( 本体のみ)

【愛曲クロス付】【専用ケース/PCH-4n付】ZOOM ズーム H4nPro/BLK 小さいマルチトラックレコーダー H4nSP後継機

2人プレイできるボードゲームを紹介していくブログです。

毎日12時更新
レッドカテドラル
kanagawa
ジキル&ハイド
10デイズインザUSA

そうでもないですかね? 
オルレアン 基本が売り切れたのは痛いですね 

だから同人ゲームを具体的にレビューするな、とあれほど言ってるだろ

ホビージャパン or アークライトへ箱潰れ品に特攻(ぶっこみ)!!!

さてとうとうゲームマーケットが開幕しました。
今年は正直小粒ばかりなので焦って買う必要があるタイトルはありませんので、私は日曜日にゆっくり非ボードゲーマーなゲーマー友達と回ろうと思います。ツイクスト協会も今年は解説本が出るわけではないみたいですし、初心者に阿ったカードツイクストなら、いらないかなぁ?という気がしますし。

すっかり中古を売るブースもなくなりましたので、いまさら行く必要もないのですが、とりあえずいつも売っているカヴェルナ拡張タイルとアズールジョーカータイルを駿河屋に転売して小銭を稼ぎましょう。



「興味深い!!」「か○んコ○ス!!」「これがボードゲーム修羅界か・・・」

さて唐突ですが、ボードゲームにおける勝利点より重要なことはなんでしょう?

努力?
友情?
勝利?

また勝利点に戻ってきました。
 私もかつては勝利点至上主義者でしたが、カートグラファーに出会ってから変わりました。
カートグラファーにおける勝利点はあまり意味がありません。
なぜならカードの巡り合わせ+得点条件が一番マッチしたプレイヤーが勝利点を稼ぐ、ただそれだけだからです。
カートグラファーにおいては

いちばんカッコいい地図を描いた子一等賞

なのです。
私はこれをBGGの投稿で思い知らされました。
投稿している方の勝利点は低くても地図の出来で私は完敗したのです。
また合わせて重要なのは称号と名前です。
日本人の投稿をみるとニコボドですら何も書いていません。
これは由々しき事態です(さしずめニコボドあたりは、ラビっと!!ニコボドあたりでしょうか?)

やはりカートグラファーを楽しむ際には

①称号で他プレイヤーを掴む
②盾の紋章もしっかり自作
③タイルもしっかり、しかし待たせないように描き込む

ここまでやれば、ちょこざいでもオタサーの姫陥落一歩前です。




 

↑このページのトップヘ